メイン コンテンツにスキップ

東京都江戸川区 ホームページ制作会社・マーケティングを重視する BC-STYLE合同会社  03-5662-6322お問い合わせ

弊社で行うホームページの
制作について

ホームページ制作について

ホームページの目的を第一に考えます

私共は、ホームページの目的は閲覧してくれたユーザーが、開設者が意図している何らかの目的(製品購入、新規取引のお問い合わせ、実店舗への集客など)を達成することだと考えています。

そのためにはお客様がホームページで成されたいご要望を私共が十分理解することが重要です。徹底したヒヤリングを行った上でウェブマーケティングを含めた最適なご提案いたします。

ホームページのデザインについて

ホームページのデザインは、お客さまのご要望をお聞きした上で、ユーザーの使いやすさに重点をおいたページデザインのご提案をいたします。

反響のあるホームページにするためお客様と徹底したヒヤリング行い以下の内容を明確にします。

  1. ホームページの目的
    ネット通販の拡大、業者間取引の拡大、リアル店舗の集客、コーポレートサイトとして会社の信用度アップ、など目的を明確化します。
  2. 「何を、誰に、どうしてもらいたい」
    「何を」(販売する商品や提供するサービスなど)、「誰に」(ターゲットユーザー)、「どうしてもらいたいか」(ご購入、リアル店舗のご来店、予約、お問い合わせなど)
  3. 御社の強み
    同業他社には無い御社の強みを明確にすることで訴求内容を絞り込みます。
  4. 御社の思い
    ホームページを開設する企業の製品やサービスに対する「思い」を付加価値につなげます。

レスポンシブデザインに対応します

制作するホームページは全てレスポンシブウェブデザインに対応します。レスポンシブデザイン(RWD)とは、インターネットユーザーがホームページの閲覧に使用しているデバイス(パソコン、スマホ、タブレットなど)の画面サイズと向きに応じて、ページの外観に動的な変更を加えるウェブ開発アプローチのことです。

レスポンシブデザイン(RWD)は、ブレイクポイント(デバイスの幅に応じて応答するポイント、ユーザーに可能な限り最適なレイアウトを表示できます)を使用して、サイトのレイアウトがどのように表示されるかを決定します。1つのデザインはブレイクポイントの上で使用され、別のデザインはそのブレイクポイントの下で適用されます。ブレイクポイントは通常、ブラウザの幅に基づいています。

因みに、B to B(業者間取引)サイトの場合はパソコンからのアクセスは約85%、スマホやタブレットからのアクセスは約15%ほどです。通販サイトではこれが全く逆となり、スマホからのアクセスが約85%以上、パソコンやタブレットからのアクセスは約15%前後です。

レスポンシブデザイン
パソコン表示
レスポンシブデザイン
タブレット表示
レスポンシブデザイン
スマホ表示

WordPressについて

WordPressとは

弊社で制作するホームページは、WordPress(ワ ードプレス)というCMS(コンテンツマネージメントシステム)を導入した方法と、 従来通りhtmlを書いて制作する方法、 何れかお客様がご希望される方法で制作します。
当然どちらで制作をしても、レスポンシブレスポンシブとはスマホやタッブレットなどユーザーが使用する機種により、その画面サイズに応じたページの表示を行うことです。に対応します。
現在では、CMSを奪入したウェブサイトが主流を占めています。htmlで溝築する場合は、現バージョンの html5を使用します。

CMSはページという概念が無く、 掲載するテキストや画像データなどをデータペース化して笞理し、必要に応じてひとつのページとして構成し表示します。

wordpress-logo

WordPressで制作する主なメリット

  1. ページ更新がスピーディーに行える
    ・例えばメニューの追加削除、ページの追加削除などが簡単に行える。
  2. htmlの知識が無くても更新作業が行える。
    ・決して簡単に行えるとは言えませんが、慣れると比較的簡単です。 ・デザインを細かく変えたい場合は、htmlやCSSの知識はあった方が良いです。
  3. ブログや最新ニュースなど、タイムリーに情報公開したい場合も、自社で行うことができる。
    ・wordが使えるスキルがあり、デザインにこだわりが無ければ比較的簡単に行えます。
  4. インターネットに繋がる環境があれば場所は問わずどこからでも編集・更新作業が行える。
    ・WordPressは管理画面からログインしてページの編集・更新作業が行えます。極端な話、スマホからでも行えます。(htmlで制作した場合、FTPソフトを使って修正したページをサーバーにアップする必要があります。)
以上のようなことを踏まえて、当社ではWordPressを導入したホームページ制作をお勧めしています。

WordPressで制作するデメリット

  1. WordPressを狙ったクラッカー(破壊者)が世界中にいる
    ・WordPressを狙ったクラッカー(破壊者)が世界中におり、十分なセキュリティ対策が必要となります。自社でホームページを維持管理される場合は、それなりの知識が必要となります。
  2. 頻繁にアップデートがあるのでその作業と動作確認などの手間がいる
    ・WordPressはセキュリティ対策に伴うマイナーアップデートや、大幅に昨日を変更したメジャーアップデートがあります。これをアップデートせずに放っておくと、セキュリティ上とても危険です。常に最新状態に保つ必要があるので、毎日チェックする必要があります。
  3. プラグイン(機能拡張)を導入の場合、そのアップデートも頻繁にあり、むやみにアップデートするとページが表示されないなどの重大なトラブルが発生る可能性がある。
    ・WordPressそのもののアップデートとは別に、ホームページの機能を拡張させるプラグインソフトのアップデートも頻繁にあります。アップデートした後に突然エラーが出てページが表示されないなどのトラブルが発生することがよくあります。自社で管理される場合は、その対処法を理解しておく必要があります。

以上のようなことを踏まえて、サイト完成後に自社で管理される場合は、それなりの知識が必要になる面倒さがあります。

HTMLで制作する主なメリット

  1. データーベースエンジンが不要
    ・HTMLでページを制作した場合には、WordPressのようにデーターベースエンジンを使用しませんのでページソース構造がシンプルになります。それによりブラウザの表示スピードが比較的速く、閲覧ユーザーにストレスを与えにくいです。
  2. 「アップデート」が不要です
    ・WordPressのようにアップデートはありませんので、公開後の維持管理に手間をかける必要はありません。
  3. ページデザインの自由度が高い
    ・構造がシンプルなので、デザインの自由度がとても高く、こだわったデザインでページを作るには最適です。
  4. セキュリティ対策に神経を使わなくて良い
    ・HTMLで制作されたページは、ほぼセキュリティ対策に神経を使う必要はなく、公開後の維持管理が楽です。

HTMLで制作するデメリット

  1. ページ更新や追加は知識が無いとできない
    ・HTMLでページを制作した場合は、ページ内容の更新や写真の差し替え、ページの追加など行うときはHTMLとCSS(デザインレイアウトする言語)の知識必要です。
  2. ページ編集や追加とその公開はパソコンからでないとできない
    ・ページの更新や追加などを行う場合、使用しているパソコンとホームページを格納しているサーバーとをインターネット経由で接続してページデーターのやり取りをしなくてなりません。ですので、スマホや、出先のパソコンではできません。
  3. メニューなど共通部分の変更が手間
    ・例えばサイトが全部で30ページであった場合、どのページもメニューは共通していますので、仮にメニューに1項目増やしたりする場合は30ページ全て変更しなければならず、とても手間と時間がかかります。
  4. 自社サイトにブログは簡単に書けない
    ・ブログを書く場合、ページを1つ追加することになりますので、矢張りHTMLとCSSの知識は必須となります。カテゴリー分けやメニューへの追加も全て手動で行う必要がありますので1つのブログをアップするには相当な時間が必要で大変な手間がかかります。

ホームページ制作に関して
ご相談を承ります

無料相談承ります。疑問に思われていたことやご不安点など適切にご回答します。お気軽にご相談ください。

  1. 各々ホームページ製作会社の見積金額の幅が大き過ぎて違いがよく分からない。
  2. WordPress(ワードプレス)とhtmlのことを聞いてもサッパリ分からない、詳しく知りたい。
  3. 製作費用は全部でどれくらい必要か分からず不安。
  4. ホームページに関して知識が無く、1から説明を聞きたい。
  5. リニューアルを考えているが、どのようにしたら良いか相談したい。

最近の投稿

トップへ戻る