メイン コンテンツにスキップ

東京都江戸川区 ホームページ制作会社・マーケティングを重視する BC-STYLE合同会社  03-5662-6322お問い合わせ

失敗しないための
ホームページ制作

売れる・反響のある
ホームページの10か条

  1. ホームページの目的を明確にする。
  2. 販売製品やサービスを利用してもらいたいターゲットを決める。
  3. ペルソナ(仮想人物)を作り上げる。
  4. 製品やサービス利用した際のベネフィット(便益)を考える。
  5. ウェブマーケティング戦略を決めておく。
  6. ターゲットユーザーが知りたい情報をまとめる。
  7. ホームページデザインはユーザー視点で考える。
  8. 成果の出るSEO対策を行う。
  9. 公開後はユーザーのメリットとなる情報を掲載し更新頻度を高める。
  10. 公開後はアクセスユーザーの動向を把握して改善に努める。

売れる・反響のあるホームページにするために最低限必要な10か条です。
1~8までは、ホームページを制作する前に考えてまとめなければならない項目です。9~10は公開後、反響拡大を得るために行う項目です。

「売れる・反響のあるホームページ10か条」の対策方法をまとめたPDFファイルをダウンロードしていただけます。

売れる・反響のあるホームページに
するためにどうすれば良い?

一般的なホームページ製作から完成までの大きな流れ

新規ホームページを立ち上げる、またはリニューアルされる際はホームページ制作会社にご依頼される場合が多いと思います。

  1. お客様が制作会社にどのようなホームページにしたいか概要を話す。
  2. ページに掲載するに内容はお客様でご用意し制作会社に渡す。
  3. 制作会社から、お客様がご希望されているデザインイメージや色などを聞かれる。
  4. 制作会社からデザインラフを提示される。
  5. 気に入ったデザインを制作会社に伝えて制作開始。
  6. ホームページ完成。
  7. 公開

ちょっと待った!この流れで
進めると失敗の始まりです

誤解されていませんか?

本来ホームページ制作会社は、お客様よりお預かりした資料や写真を元に、デザインや機能性に優れたページを作ることが仕事であって、ホームページに掲載する中身を作り(コンテンツ、写真)、集客して製品受注や問い合わせ増加させるマーケティングが仕事ではありません。

制作依頼されるお客様は、ホームページ制作会社に全てを任せると「通販サイトなら売れるホームページ」、「取引先拡大なら直ぐにでも取引依頼が来るホームページ」にしてくれるだろうと誤解されましてや期待されてはなりません。

もう一一度繰り返しますが、「ホームページ制作会社」はホームページを作ることがメインの仕事であり、掲載する内容やマーケティングが専門ではありません。

ホームページは作品ではありません!

このような流れで制作されたホームページは、例え見栄えの良い素晴らしいデザインものが完成したとしても、「何を、誰に、どうしてもらうのか」が曖昧で、訪問してくれたユーザーは「綺麗なホームページだな」で終わってしまいます。その結果、「売れない・反響のない」ホームページになってしまうのです。
ホームページそのものは作品ではなく、公開側が目的を達成するためのネット媒体のひとつです。

それでは一体どうすれば
良いの?

「売れる・反響のあるホームページ10か条」の対策方法をまとめたPDFファイルをダウンロードしていただけます。

反響のあるホームページに関して
ご相談を承ります

無料相談承ります。お気軽にご相談ください。

  1. 反響のあるホームページにするために具体的な相談をしたい。
  2. Webマーケティングに関して詳しく知りたい。
  3. 自社製品に自信はあるが、どのように伝えたら良いか相談したい。
  4. ホームページは重要だと感じているが、具体的な施策が思いつかない。
  5. ログ解析のことをもっと知りたい。

最近の投稿

トップへ戻る