メイン コンテンツにスキップ

東京都江戸川区 ホームページ制作・SEO対策・WEBマーケティング BC-STYLE合同会社  03-5662-6322お問い合わせ

Webマーケティングで成果を出す!

ホームページの成功を導く

Webマーケティングであなたのビジネス成果を最大化

WEBマーケティングの実績

ホームページでビジネスの成果を出すためにWebマーケティングサービスを提供しています。2014年よりWebマーケティングを重視し、ECサイトやBtoBサイト制作で成果を出してきた実績があります。

WEBマーケティング戦略設計

私たちが提供するWebマーケティングサービスは、あなたのホームページでビジネス拡大を目的としたWebマーケティング戦略を立て、ホームページの設計を行います。

公開後のサポート体制

ホームページ完成後は、最終的な成果の最大化までをサポートし、あなたのホームページで見込み客を引きつけ顧客に変換するプロセスを包括的に支援します。

ホームページで反応が無い原因

今まで、企業経営者や担当者からホームページを作ったが、「全く反応が全くない!」というお話をよく聞きました。

その際に、ホームページ制作から公開までの経緯を詳しくお尋ねしますが、ご回答のほとんどに共通して言えることは、ホームページデザイン(色使いやイメージなどの見た目)に集中しすぎて、本来ホームページの目的を満たすための戦略、つまりWebマーケティングは何も行っていなかったということでした。Webマーケティングとは、簡単に言うと、インターネットを使った宣伝や販売の戦略や手法のことを指します。

ホームページを開設する目的が何であれ、その目的を達成するためには必然的に見込み客が必要です。Webマーケティングは、見込み客をホームページに引き寄せ、彼らに何を訴え、どのように行動(問い合わせや購入)を起こしてもらうのかという戦略を考慮するための重要な手段です。

ホームページのデザインやイメージは、このマーケティング戦略を十分検討した後に行う必要があります。

私たちは、あなたがホームページで達成されたい目的を十分ヒヤリングした上で、あなたのビジネスに効果的なWebマーケティング戦略をご提案します。

Webマーケティング

Webマーケティング戦略の策定ステップ

ターゲットオーディエンスの特定

私たちは、成功するためのWebマーケティング戦略を策定する際、最初のステップとしては、ターゲットとなるオーディエンスを特定することから始めます。これには以下の手順を踏みます。

  1. 市場調査の実施
    競合他社の顧客層や市場のニーズを理解する。
  2. 顧客ペルソナの作成
    あなたのビジネスの具体的なターゲット顧客像(ペルソナ)を作り上げ、そのターゲット顧客像のニーズや問題点を明確にする。
ペルソナは、マーケティングの中で使われる概念の一つで、特定の顧客層やユーザー層を代表する仮想的なキャラクターや人物像のことを指します。このペルソナは、製品やサービスのターゲットとなる顧客の特性や趣味、考え方などを具体的にイメージするためのものです。

なぜペルソナが重要なのか?

  1. 顧客の理解を深める: ペルソナを明確にすることで、顧客のニーズや痛み点、期待値を理解する手助けとなります。
  2. 効果的なコミュニケーション: ペルソナに基づいてメッセージや広告を作成することで、ターゲットとなる顧客に的確にアプローチすることができます。
  3. 製品やサービスの改善: 顧客の要望や問題点をペルソナを通じて理解することで、製品やサービスの質を向上させることができます。

ペルソナの作成方法

ペルソナを作成するには、以下のステップを参考にしてください。

  1. 目的の明確化: どんな目的でペルソナを作成するのかを明確にします。例えば、新しい製品のターゲット顧客を特定する、既存のサービスの改善点を探るなど。
  2. データの収集: ターゲットとなる顧客層の情報を収集します。アンケートやインタビュー、既存のデータベースなどを使用します。
  3. ペルソナの詳細化: 収集したデータをもとに、ペルソナの詳細を定義します。名前や年齢、趣味、職業、家族構成など具体的な情報を決めます。
  4. ニーズや痛み点の特定: そのペルソナが持つ問題やニーズをリストアップします。
  5. 活用: 作成したペルソナをもとに、マーケティング戦略やコミュニケーション戦略を立てます。

このように、ペルソナはマーケティングの活動をより効果的にするための重要なツールとなります。

SMART目標の設定

効果的な戦略策定には明確な目標が必要です。SMARTとは以下の頭文字を指します。

  1. S(Specific)具体的
    何を達成したいのか明確にする。例えば「もっと売上を上げる」というのは抽象的すぎるため、具体的に「来月の売上を前月比で10%上げる」というように設定します。
  2. M(Measurable)計測可能
    目標は数値や指標で測定できるように設定します。これにより、達成度を明確に確認できるようになります。例えば、「多くの人に商品を知ってもらう」という目標よりも、「1ヶ月でウェブサイトの訪問者数を2,000人増やす」という具体的な数値目標が望ましいです。
  3. A(Achievable)達成可能
    現実的に達成可能な目標を設定します。過度に高い目標を設定すれば、途中で挫折してしまうリスクがあります。
  4. R(Relevant)関連性
    ビジネスの目的やビジョンと合致していること。例えば、書店が「読書を通じて子どもたちの未来を豊かにする」というビジョンを持っているとしましょう。この場合、「1ヶ月で大人向けの雑誌の売上を20%上げる」という目標は、直接的にそのビジョンと関連性が高いとは言えません。子どもたちの未来を豊かにするというビジョンにもっと合致した目標としては、「1ヶ月で子ども向けの書籍の売上を15%上げる」や「半年で子ども向けの読書イベントを3回開催する」といった目標が考えられます。
  5. T(Time-bound)時間制限
    いつまでに達成するのか期限を明確にする。期限を明確にすることで、具体的なアクションプランの策定や進捗管理が容易になります。

適切なプラットフォームの選択

ホームページ以外に、市場には多くのマーケティングプラットフォームが存在します。ホームページにターゲットユーザーを引き込むために、どのプラットフォームを選択するか決めます。

  1. ソーシャルメディアプラットフォーム Facebook、Twitter、Instagram、LinkedIn、Pinterest、TikTokなどのソーシャルメディア。
  2. 検索エンジン Google、Yahoo!、Bingなどの検索エンジンを使用した広告や検索エンジン最適化(SEO対策)。
  3. 動画プラットフォーム YouTube、Vimeoなどの動画共有サイト。
  4. メールマーケティングツール MailchimpSendGridなど、顧客に直接メールを送信するためのツール。
  5. アフィリエイトマーケティングネットワーク A8ネットなど、他社の商品やサービスを宣伝し、売上からコミッションを得るためのネットワークの利用。

これらのプラットフォームを選ぶ際には、あなたのビジネスの目的、ターゲットオーディエンス、予算、コンテンツの種類などの要因を考慮します。それによって、最も効果的なプラットフォームを選び、マーケティング戦略を最適化します。

コンテンツの作成と最適化

コンテンツはWebマーケティングの核心です。効果的なコンテンツ作成のためには以下のポイントを抑えます。

  1. 価値を提供 見込み客の問題を解決するコンテンツを作成する。
  2. SEO対策 キーワードリサーチを行い、コンテンツを検索エンジンに最適化する。
  3. 定期的な更新(完成後の計画) 情報が常に新鮮であることを保つため、定期的な更新をどのように行うかを計画する。

私たちが得意とするインバウンドマーケティング

インバウンドマーケティング

あなたの事業の見込み客に対してこのインバウンドマーケティングを活用し、Webマーケティングを通じて集客・売上拡大を目指します。

インバウンドマーケティングの目的は、高品質な見込み客を獲得し、自然な方法で長期的な顧客関係を築くことを通じて集客につなげることです。従来のアウトバウンドマーケティング手法と比較して、インバウンドマーケティングは、顧客が興味を持つコンテンツを提供することで、顧客により関心を持ってもらうことができます。

私たちが行うインバウンドマーケティングの戦略には、以下の4つのステップがあります。

  1. アトラクト(引きつける)
    自然な方法でユーザーを引きつけるために、あなたとのヒヤリングにより良質で魅力的なコンテンツを引き出し、SEO対策やソーシャルメディアなどを活用してホームページへの流入を図ります。
  2. コンバート(変換する)
    ホームページやランディングページなどのコンテンツを活用して、見込み客をリードに変換します。つまり、企業が提供する商品やサービスに興味を持った人を、企業とのコミュニケーションができるリードに変換します。
  3. クローズ(取引を成立させる)
    見込み客をカスタマーに変換するために、電子メールマーケティングなどを活用します。つまり、リードを顧客に変換することを意味します。
  4. デリート(関係を深める)
    良質なコンテンツやサポートなどを提供して、カスタマーとの関係を深めます。つまり、顧客との関係を維持し、定期的なコミュニケーションを通じて顧客満足度を向上させます。
Webマーケティングで引き寄せる

もう少し簡単に説明しますと、

  1. 目標を決める
    まずは何を達成したいのかを明確にしましょう。たとえば、「もっと人にホームページを見てもらいたい」「商品を買ってもらいたい」といった具体的な目標が考えられます。
  2. 理想のお客様を考える
    どんな人にホームページを見てもらいたいのかを具体的に考えます。年齢や性別、趣味、仕事など、理想のお客様の特徴をリストアップします。
  3. お客様が喜ぶ内容を提供する
    理想のお客様が興味を持ちそうな内容をホームページで提供します。たとえば、役立つ情報や面白い記事、動画などです。ここで大切なのは、その内容が検索エンジンで上位に表示されるように工夫することです。
  4. お客様をつかむ
    ホームページを見てもらった人が、もっと関わってもらえるようなきっかけを作ります。たとえば、無料の資料の提供やメールマガジンの登録などです。
  5. 関係を深める
    一度関わってもらったお客様との関係を深めるために、メールで情報を送ったり、特別なものを提供したりします。
  6. 改善を続ける
    ホームページを見てもらったり、商品を買ってもらったりすることがどれだけできたのかをチェックし、うまくいかなかった部分を改善します。

これらのステップを繰り返し行うことで、ホームページを通じたビジネスがうまくいくようになります。
このように、インバウンドマーケティングは、自然な方法で見込み客を引きつけ、コンテンツマーケティングやSEO、SNSマーケティングなどの手法を活用して、見込み客を変換し、長期的な顧客関係を築くためのマーケティング手法です。

「ホームページ作成プラン・ゴールド」「売れる・反響のあるサイト構築プラン・プレミアム」では、上記の「1.目標を決める」~「3.お客様が喜ぶ内容を提供する」までを、あなたと十分なヒヤリングと打ち合わせを行った上でホームページに反映します。「ホームページ作成プラン・スタート」「ホームページ作成プラン・シルバー」は対応していません。

*ホームページ公開後、私たちが行うログ解析に基づいたコンテンツの改善と上記「4.お客様をつかむ」~「6.改善を続ける」に関しては、「ホームページサポートプラン・ベーシック」「ホームページサポートプラン・プレミアム」「ホームページサポートプラン・カスタム」の、何れかをご契約していただく必要があります。詳しくはお問い合わせください。

インバウンドマーケティングとSEO対策

インバウンドマーケティングとSEO対策は密接な関係

Webマーケティングの一環として、インバウンドマーケティングとSEO対策は非常に密接な関係があります。インバウンドマーケティングは、Webマーケティングの一部として、ユーザーが自発的に企業のホームページやコンテンツにアクセスし、関心を持つように導くことを目的としています。一方、SEO対策は、Webマーケティングの別の側面として、ホームページの検索エンジンでのランキングを向上させ、検索結果で表示される可能性を高めることを目的としています。

つまり、Webマーケティングを効果的に行う上で、インバウンドマーケティングとSEO対策をきちんと組み合わせることが重要です。これらを適切に組み合わせることで、より効果的なWebマーケティング戦略を構築することができます。

このようなことを踏まえて、私たちはSEO対策で見込み客の流入を図ると同時に、ホームページに訪問してくれたユーザーに問い合わせや購入などの行動を起こしてもらえる戦略を確立しご提案します。

私たちが得意とするコンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、企業やブランドが自社の商品やサービスを宣伝するために、ホームページやSNS、ブログ、動画などで情報を提供することを指します。この手法は、広告やテレビCMなどの従来のマーケティング手法に代わる、より効果的な手法です。

また、インバウンドマーケティングの一部であるコンテンツマーケティングは、SEOに大きく影響を与えます。良質なコンテンツを提供し、それを適切に最適化することで、検索エンジンでのランキングを向上させることができます。具体的には、キーワードの適切な使用、ページのタイトルタグ、メタデスクリプション、URLの構造などが重要となります。私たちは、あなたのビジネスにマッチしたコンテンツを作成します。

私たちが行うコンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングの効果的な手法はいくつかありますが、私たちが行うコンテンツマーケティングは以下のようなものがあります。あなたと十分なミーティングを行った上で、一番合ったコンテンツマーケティングを提案します。

  1. ターゲットオーディエンスの理解したコンテンツ作成
  2. 価値のあるコンテンツの作成
  3. コンテンツマーケティング戦略の一部であるSEO(検索エンジン最適化)
  4. ソーシャルメディアの利用サポート
  5. コンテンツの複数チャンネルでの再利用、Google Analyticsによる分析と改善

コンテンツマーケティングのメリット

  1. 認知度の向上
    コンテンツマーケティングは、企業のブランド認知度を高めることができます。提供するコンテンツが有益であれば、ユーザーは共有して他のユーザーにも伝えるため、広がりが生じます。
  2. 検索エンジン最適化(SEO)
    コンテンツマーケティングは、企業のホームページを検索エンジンで上位に表示するのに役立ちます。有益なコンテンツを提供することで、検索エンジンのアルゴリズムによってホームページがランキングされやすくなります。
  3. 信頼性の向上
    企業が有益な情報を提供することで、ユーザーは企業を信頼しやすくなります。これにより、企業は長期的な関係を築くことができ、リピーターを獲得しやすくなります。
  4. 販売促進
    コンテンツマーケティングは、企業の商品やサービスを宣伝する方法としても使用できます。有益な情報やエンターテインメントを提供することで、ユーザーの興味を引き、購入につなげることができます。

コンテンツマーケティングのデメリット

  1. 長期的な労力
    コンテンツマーケティングは、短期的な成果を出すことは難しいです。コンテンツを提供するには時間と労力が必要であり、成果を出すまでには時間がかかるため、長期的な労力が必要になります。
  2. コンテンツ品質の維持
    コンテンツマーケティングには、良質なコンテンツを提供することが必要です。コンテンツの品質が低下すると、ユーザーの信頼を低下させてブランドイメージが損なわれる可能性があります。

Webマーケティングの方法

Webマーケティングの種類

以上に説明しましたように、私たちが得意とするインバウンドマーケティングをお勧めしますが、あなたの目的に応じて以下のようなWebマーケティング手法もご提案します。
Webマーケティングの種類と説明はこちらをご覧ください。

  • SEO(検索エンジン最適化)
  • コンテンツマーケティング
  • ビデオマーケティング
  • リスティング広告
  • リターゲティング広告
  • アドネットワーク広告
  • コンテキスト広告
  • インフルエンサーマーケティング
  • インフルエンサーマーケティング
  • SNS広告
  • ウェビナー開催
  • メールマーケティング
  • SNSマーケティング
  • アフィリエイトマーケティング
  • ゲストブログ
  • オムニチャンネルマーケティング

Webマーケティングに関して
ご相談を承ります

無料相談承ります。お気軽にご相談ください。

  1. Webマーケティングについてもっと詳しく知りたい。
  2. コンテンツマーケティングのことをもっと詳しく知りたい。
  3. コンテンツマーケティングでどんな情報を発信すれば良いか分からない。
  4. コンテンツマーケティングを自社で利用する具体的な方法が分からない。
  5. 見込み客に自社製品をどのようにアピールしたら良いか分からない。
  6. ウェブマーケティングは知っているが、具体的にどこから始めたら良いか判断が付かない。
最近の投稿
トップへ戻る