メイン コンテンツにスキップ

東京都江戸川区 ホームページ制作・SEO対策・WEBマーケティング BC-STYLE合同会社  03-5662-6322お問い合わせ

ホームページ制作を自分で行うメリットとデメリットについて解説します

ホームページ制作を自分で行うメリットとデメリットについて解説します

ホームページ制作を自分で行うメリットとデメリット

近年ホームページ制作を無料または少額で行えるサービスを提供している会社が複数あります。操作性や機能についてのメリットやデメリットなど詳しく解説したサイトは複数ありますので、それについての情報はそちらに譲りたいと思います。

ここでは、売れる反響のあるホームページにするために、これらを利用するメリットとデメリットをマーケティングの視点から解説したいと思います。

メリット

  • 初期投資が0円または少額で始めやすい。
  • ホームページに掲載するコンテンツ(内容)が決まっているのであれば、後はページを作るだけで良い。
  • どの会社のサービスを選択しても基本的にhtmlやcss、Javascriptなどの専門知識が不要なので、初めて作る方は敷居が低い。
  • 取り敢えずホームページが必要で製作費がかけられない方にはメリット。

デメリット

  • どのサービスを利用したとしても、操作を理解するのに多少の時間を要する。
  • 操作上、聞きたいことがあってもサポート体制がない場合が多い。
  • ページに広告が表示される場合がある。
  • 機能の制限がある。
  • 一般的に動作が遅い。
  • SEO対策に弱い。

ホームページの目的を明確に

上記のメリットやデメリットは、ホームページそのものを自分で作る作業レベルのことがほとんどです。肝心なことは、ホームページを作ることではなく、ホームページで購入や問い合わせ、人材募集、実店舗への集客などの目的を達成させることです。

デザインに執着すると失敗する

ホームページのデザインは重要ですが、デザインばかりに執着して、ユーザーのニーズやホームページの目的を無視してしまうと、結果的にホームページが意図する効果を持たないものになってしまいます。

ホームページは、ビジネスや個人のブランドを宣伝したり、商品やサービスを売り込んだり、情報提供するためのツールであり、その目的を果たすためには、ユーザーが求める情報を提供し、使いやすい構成やナビゲーションを持つことが重要です。

ユーザーが求める情報やニーズを正確に把握し、適切なデザインを取り入れながら、ユーザーにとって使いやすく役立つホームページを作成しなければなりません。そのため、ホームページ制作では、デザインに加えて、ユーザーのニーズやホームページの目的を常に意識し、バランスをとることが重要です。

ウェブマーケティングを考える

ホームページを自分で作る作らないを判断する前に、ホームページで「誰に、何を、どうしてもらうのか」を明確にした上で、それを実現させるためのWebマーケティングを考えなくてはなりません。

私たちは、ホームページを閲覧するユーザーの立場に立った場合、果たしてホームページのデザインやイメージを重視して見ているでしょうか?

自分が探し求めている製品やサービスなどの特徴以上に、その製品やサービスを利用した場合のベネフィット(便益)に一番心を動かされ購入や問い合わせをするのではないでしょうか?

それは、ユーザーはホームページのそのもののデザインよりも、ベネフィットを訴求するコンテンツを重視しているからです。

結論

お話ししましたように、ウェブマーケティングを考え戦略さえ整っていれば、多少時間がかかったとしても自分でホームページを製作するのも良いと思います。しかも格好良く洗練されたデザインにする必要はなく、シンプルで見やすいページにすることを心がけるだけで十分です。
(関連ブログ:ホームページは見た目のデザインを優先すべきではない

ホームページ製作で一番肝心なことは、制作期間に一番時間を取らなければならないのは、このウェブマーケティングの戦略です。言い換えれば、ウェブマーケティングを十分考えずにホームページを制作しても反応は得られません。

ぜひこのことを考慮の上、ホームページ制作に挑戦していただければと思います。

無料相談承ります
ホームページ制作に関してご相談承ります。ご遠慮なくお申し付けください。
トップへ戻る